主婦のクレジットカードの利用限度額はいくら?限度額を上げる方法も伝授

スーパーでの買い物、ネットショッピング、光熱費などの支払いなど主婦にとってクレジットカードはとっても便利なものです。

しかし、それはあるとき突然やってきます・・・

「このカードでは支払いできません」のエラー表示。

そう、利用限度額を超えた場合、突如そのクレジットカードを使うことが出来なくなります。

こんな危機的状況にならないために、カードを良く使う主婦の皆さんにクレジットカードの利用限度額について詳しくご紹介しましょう。

主婦の一般的なカード利用限度額はどれくらい?

クレジットカードの利用限度額は人によって異なり、主婦の皆さんは収入が安定した会社員に比べると限度額が少なくなっています。

そこで一般的な主婦のクレジットカードの限度額を調べてみました。

兼業主婦の限度額

主婦と言ってもパートなどで働いていてある程度の収入がある方もいらっしゃいます。

このような、いわゆる兼業主婦の方のカード利用限度額は一般的に次の通りです。

  • ショッピング枠10~50万円
  • キャッシング枠0~50万円

カードを作る初期の段階では10万円から設定されていることが多く、上限は50万円までが一般的です。

やはりパートで収入がある兼業主婦であっても、安定した収入のある人に比べると限度額は低めの傾向にあります。

専業主婦の場合

続いてパートなどでの収入もなく、完全に専業主婦の方の一般的な利用限度額はコチラです。

  • ショッピング枠10~30万円
  • キャッシング枠0円

ショッピング枠が最大30万円と兼業主婦よりも少なくなっています。

分かってはいましたが、30万円でもかなり厳しい額です。

例えばお子さんのいる3人家族で何か1回でも大きな買い物をしたら超えてしまいます。

さらに現金をその場で借りられるキャッシング枠は専業主婦の場合、一般的に0円(使用不可)です。

ですから、もしどうしてもキャッシング機能を使いたい場合はパートでもなんでもいいので収入を少しでも得る必要があります。

利用限度額を超えたらどうすればいいの?

このように兼業主婦、専業主婦ともに限度額が少ないため、買い物の途中で利用限度額を超えることが結構あります。

もしそうなった場合はどうすればいいのでしょうか。

パターンとしては大きく3つです。

  1. その場で現金で支払う
  2. 繰り上げ決算で利用額を一時増減
  3. 公共料金は多少超えても支払い可能

①はスーパーなどのレジでの支払いで限度額を超えた場合です。こちらは店員さんに「このカードが使えませんよ。」と言われるので、焦らずに「じゃあ、現金で払います。」と伝えましょう。

よくあることなので恥ずかしいことはありませんよ。

続いて②です。こちらはあらかじめ限度額がわずかになっているのが分かっている場合に、口座に現金で振り込むことで一時的にキャッシング利用額を増やす方法になります。

どうしてもカード払いしたい買い物があるときに利用しましょう。

最後の③は、電気代などの公共料金をカード払いに指定していて、残りの限度額を超えてしまった場合の話になります。

このように前もってカード払いが指定されている使用で限度額を超える場合は、カード会社にもよりますがオーバーしてもキャッシング支払い可能となっているんです。

また、カード払いが不可だった場合は振込用紙が届くので、それに従って口座に振り込みましょう。

専業主婦が限度額を上げる方法

正直言ってカード利用限度額ギリギリの生活は面倒くさいです。毎日、どれくらいカード利用しているかチェックしなくてはいけませんからね。

こうならないためには限度額を引き上げるしかありません。

でも収入のない専業主婦が限度額を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

クレジットカードをたくさん利用する

一番簡単かつ唯一の方法がクレジットカードをたくさん利用して、支払いへの信用を高める方法です。

いわゆるクレジットヒストリー(クレヒス)を作る行為なのですが、これが一番増額審査を通る可能性が高まります。

さらに詳しく言うと、一度にたくさんの金額を使うというよりも毎日継続してカード利用してちゃんと毎月遅延なく返済するだけでOKです。

ただし最低でも6カ月程度はこのやり方でクレヒスを作る必要があります。

思い切って2枚目を作るのもあり

限度額を引き上げるのが面倒、なかなか増額審査に通らない。

そんなあなたは思い切って2枚目のクレジットカードを作ってはどうでしょうか。

いまどきクレジットカードを2枚持っている人も珍しくなく、年会費無料の一般カードだったら専業主婦でも負担になりません。

むしろ、2枚のカードを使い分けられれば今よりも効率よくポイントを貯められるようになりますよ。

主婦におすすめ楽天カード「サブカードとしても最適」

楽天カード

年会費

無料

入会資格

高校生以外の18歳以上(主婦/パート/アルバイト可)

国際ブランド

VISA、JCB、MasterCard

ショッピング利用限度額

キャッシング利用限度額

10~100万円

0~90万円

ポイント還元率

標準:1.000%→100円あたり1pt
(国内一般加盟店)
条件:4.000%→100円あたり4pt
(楽天市場)

もしこれからクレジットカードを作ろうとお考えなら、主婦に最適のクレジットカード「楽天カード」をおすすめします。

その理由が以下の通りです。

主婦でもカード審査に通過可能

そもそもクレジットカードは安定した収入のない主婦だとカード審査に通りにくい傾向にあります。

その点、楽天カードは主婦であっても18歳以上なら資格があり、年会費無料の流通系カードなので主婦に向いているクレジットカードなんです。

流通系カードとはイオンカードやエポスなどスーパーや百貨店が作っているクレジットカードで楽天カードも流通系カードに分類されます。

そして流通カードのターゲットがよく買い物をしてくれる主婦や学生がターゲットになっているので審査も通りやすくなっているんです。

楽天市場で買い物すればポイント4倍

主婦の皆さんはお近くのスーパーなどで夕飯の買い物を済ませるという方がほとんどだと思います。

でも近年ではネットで買い物を済ませる方も大勢いらっしゃいます。特に家電などの大きい買い物はネットの方が品揃えが良く、利用者も増えているんです。

そこで便利な楽天が運営する楽天市場なのですが、なんと楽天カード払いにすればポイントが4倍になります。

5千円分のお米を楽天市場で買えば200ポイントも一気に貯まるんです。

ですから楽天カードを作ると同時に楽天市場でのお買い物を楽しんで見てはいかがでしょうか。

まとめ

主婦の皆さんは日ごろのお買い物をクレジットカード払いにするだけでどんどんポイントが貯まっていきます。

しかし限度額を超えてしまうと、現金での支払いになりポイントを貰えるチャンスをふいにすることになるんです。

こうならないためにも限度額を増やすために今からクレヒスを作っておきましょう。

また、もっと簡単な方法として2枚目のカードを作るのも便利ですよ。

もし2枚目を作るのでしたら、年会費無料で主婦でも作りやすい楽天カードがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です